サーバーを mixhost に変更します

その他

サービス内容が充実していた

諸々の理由で現状のサーバーはVPSを利用しています。

いつの間にかレンタルサーバーもサービス内容が充実している事に気づきました。
サービス内容がVPS的な考えで、レンタルサーバーのデメリットが軽減されてそうです。

ウェブサイトしか動かさないものはVPSからレンタルサーバーに移行することにしました。

VPSサーバーとは?レンタルサーバーとは?何が違う?

VPS(Virtual Private Server)とは「仮想専用サーバー」の事で、契約者が管理者権限でOSからアプリまで設定でき、外部からの影響を受けにくく何でも出来るのがVPSです。

レンタルサーバーとは、契約者の出来る事が少なくアプリぐらいしか設定できません。外部からの影響を受け安い仕組みになっています。ただし、金額が圧倒的に安くできるのがレンタルサーバーです。

クラウドとレンタルサーバーのいいとこ取り

一般的なレンタルサーバーの一番のデメリットは外部からの影響を受けやすい事です。同じサーバーに複数の契約者が利用します。その為、一部の契約者がリソースを使い切ると他の契約者のウェブサイトが遅くなります。仕組みの問題なので仕方がありません。

一番のデメリットである「外部からの影響を受けにくい仕組み」を設けたレンタルサーバーが、アズポケット株式会社から【MixHost】で提供されていました。



このサービスの一番のメリットはCPUとメモリを契約者に割り当ててくれる事です。これでレンタルサーバーのデメリットである外部からの影響を受けにくくすることが可能になります。

ある契約者がCPUやメモリを大量に使う処理を実行しても、契約したサービスに従って制限が掛かかります。よって、他の契約者に対して影響を与えにくくなります。

VPSには無い MixHost レンタルサーバーの利点

コンテンツ以外は全て業者任せにできます。

OSやミドルウェアは業者任せ

VPSは契約者が何でも出来ますが、全てを自分で行う必要があります。これがメリットでもありデメリットでもあります。日々運用をしているとセキュリティ対策を実施する必要があります。OSやミドルウェアのアップデートも自分で行う必要があります。今では簡単に出来るようになりましたが面倒な作業でしかありません。レンタルサーバーの場合、この手の作業は全て提供会社が行ってくれます。地味ですが非常に有り難いです。

バックアップは業者任せ

WordPressを動かす場合は、プラグインでバックアップを自動で行うことが出来ます。簡単に設定できますが、自分で行う必要があります。MixHost の場合は、全体の仕組みの中で自動的に処理してくれます。

SSL証明書は業者任せ

デフォルトでSSL証明書が無料で利用できます。全体の仕組みの中で自動的に処理してくれます。

コメント